YELLOW FRAGとは

YELLOW FRAG名前の由来

当初、『幸せの黄色いハンカチ』からの連想でただの黄色い旗という意味で YELLOW FLAGに決まっていました。 ところが、広告屋さんにデータを送る段になって、FLAGをFRAGと送ってしまい、看板・印刷物・はんこ等全てがYELLOW FRAGとなっていて、 それに気付いたのはオープン当日、お客さんに指摘されてからというバタバタオープンでした。

いわゆる前フリ

いわゆる前フリ

たぶんこのホームページを探した方なら、もちろんインテリアに興味があって、ご自分の家には自分なりにこだわりたい方だと思います。
私も、自分のイメージ通りの家具を見つける為に、あちこちあちこち歩き回った一人です。

しかし、輸入家具はおもいっきり高い!!○塚家具なんて行ってみていいなぁ~っていう物があっても「ケ・ケタが違う!」と暗い気持ちで帰った事も何回あったことか…。根が貧乏性でヒマな私は「なら自分で家具屋やったろうじゃないけ!」と仕入れ先を探し始め、遂に行き当たったのが、

「輸入家具のアウトレット」という新ジャンル?だったのです。

教訓

安く買いたきゃ元をたどらなきゃ駄目!!

アウトレット?

アウトレット?

日本に家具を輸入している商社さんは大きい所は数社しかありません。
そこに『家具屋なんだけど仕入れさせてケロ』と訪ねると、華々しいカタログと共にそれなりの価格が提示されるわけです。(門前払いも多し)
でも売る事を考えたらやっぱり非常に高額だったので
『キズ付いててもいいから安くして』とおねだりすると埃ただよう暗い倉庫に案内され「この中だったら安くするけど」と照明を付けられた瞬間、宝の山が私の前に飛び込んできたのです。

そこは、運送時に破損したチェストやテーブル。サンプルで輸入したままうち捨てられたソファ。カタログから消されてしまい、いわゆる廃番となった家具達がまさしく森のように群れていたのです。

「ぜ…ぜんぶ買ったる」

トラックを用意して自分達でガンガン積み込んでホクホクで帰ってくると、直せるものは直し、定価は無視して「自分だったらこの値段で買うな」と思う価格を付けました。

教訓

冷暗所にこそ宝あり

売れるんだ…(汗)

売れるんだ…(汗)

すると、どこからかお客さんがやって来て結構売れるではありませんか。
あまり利益がどうのとか考えなしに営業してたのでどうも安いらしい。

世の中には「キズ位付いてたっていいもん」と考える私のような方も多いらしく、いつの間にか東日本を代表する「輸入家具専門のアウトレッター」として(自称です。悪しからず。)成長してしまったのでした。

でも、家具屋になって判ったのですが、この業界、儲かってる人はおりません。
朝から晩まで重い家具を動かして(輸入家具は最高に重い!!)その日暮らしの収入を得る。正に3K業種の代表なのでした。でも今のところ家具が好きなのであまり苦とは思わないけれども、将来どうなることやら。

教訓

これから家具屋さんを始めたい方、
悪いことは言わないから止めておいた方がいいですよ。
道楽だったらいいけど、生きて行くには辛い仕事です。

pagetop